忍者ブログ
こいけじゅんのブログです。
2017/10/20(Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/03/18(Sun)
Fender ACP-1

Fenderから新しいピックアップが出たようです
ハムバッカーらしいです
デザインが今っぽくてしっかりしている印象
太いケーブルも守備力高めてる感じ

予想では Dean Markleyのハムバッカーに
似た音がするような気がしてますがどうなんでしょう
少し重めで湿気のあるあの独特なマグネット感
あくまで予想ですので 全くあてになりません

最近ではココカラの林くんが
Bill LawrenceのA300(シングルコイル)を使っていて すごく良かったんですが
きっと「生音を再現」ていう考えの人には向かないかもな
僕は好みでしたけども

Bill LawrenceはFT-145というハムバッカーもありますが
これはパワー感もあり 音も太めでアルペジオするといいです
以前友人に譲ったのですが 今は僕の手元にあります(返却せねば、、)
ストロークをすると多少マグネット感が出ますので
好みが分かれるところ

Fishmanも昔から使っている人が多いですね
レア・アースブレンドですか
マグネットとコンデンサーマイクを手元でミックスできるやつ
8:2とか5:5とか どっちをどのくらいの割合で出すかって
自由に調整できるんですよ マニアックでしょう?
ワイゼンボーンにもともと付いてたので使っています
が、どうも自分には合っていないようです、、、無念
でもプロ・アマ含め使っている人は多いですよね
レア・アースブレンド たぶん白井英一郎さんが付けた物ではないかと・・・


あと以前からずっと気になっているのが
George L'sのピックアップ
ケーブルがそのままGeorge L'sのシールドなんですよ
今のところ使ってる人を見たことがないです
これもまったくの予想ですが Dean markleyやBill Lawrenceよりも
サラッとして パワー感もそんなにないのかも
自分のスタイルには合っていそうなんだけど いつも買わず終い
ジョージ・エルス!


アコギでライブをやる人が 必ずぶち当たるピックアップ問題

ステージで見た(または聴いた)そのままが必ずしもいいとは限らないし
自分のプレイスタイルによって変わるし
使い勝手だって大切なポイントだし
でも挙げ句 ギターとの相性もある ときたらつまりは
一度使ってみないとわかんないってことですかねぇ、、、

今回はマグネットタイプのみをつらつら書きましたが
他にもピエゾタイプや、貼り付け型コンタクトマイク、i-Beam型など
いろいろありすぎて大変なので 自分の好みを見つけるまでひと苦労です

そんな私は やっぱりDearmondのマグネットに落ち着きました
気持ち悪い画像ですが 非常に自分の性格を表しています

神ピックアップ。

ピックアップについての他記事は
古いBill Lawrence A-300
Shadow SH NMG EPの感想。

PR
Contact
お問い合わせ・出演依頼
koikejundes@gmail.com
まで
Official Site
こいけじゅんです。
ライブスケジュール
プロフィール
ディスコグラフィー
動画
がご覧いただけます。
ADMIN WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine忍者ブログ