忍者ブログ
こいけじゅんのブログです。
2017/10/23(Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/06/01(Sat)


ギター買っちゃった

上海に来て1ヶ月半 なかなか巡り合えず
遂に中国版Amazonともいうべき「淘宝網」(タオバオ)に手を出しました
得意の「試奏なし購入」であります

Don't Think, Just Feel!

今日のブログは長くなりますのでご了承ください




早速ダンボール箱を開けてみると
意外や意外 発泡スチロールで箱の中が固定されている!
結構丁寧な梱包で驚きました




発泡スチロールを取ると
今度は安っぽいソフトケースに入った本体が登場!




よし さっそく開けてみよう!
ケースのチャックをジーーッっと開けると、、、




はい 一発で壊れました
さすがだわー
狙ったんかいと思うほど




気を取り直して ケースを空けると
本体がさらに衝撃吸収材で包まれていた
いやー丁寧だなぁ
日本みたいだ すごいなぁ




ドーン

出ました 本体
オールマホガニーですよ 大きさはMartinの000か00くらい
でもなんかボヨンって感じの形にも見える、、
肩のあたりがちょっとなで肩すぎるか

でも特筆すべきは
ペグとナットとサドルとブリッジピンがブラックというところなんです
この目立たない感じがいいですね
ブリッジはちょっと派手だけど

サウンドホールのところに付いているL.R.Baggsのピックアップみたいなやつは
単なるタグです セロテープで貼られているだけ

そしてポジションマークを見てください シンプルでしょう マルひとつだけ
ただ 12フレットのところにブランド名を入れちゃうあたりが
南こうせつさんやさだまさしさんっぽい感じがしないでもないけど、、




サイド・バックも共にマホガニー
マホガニーは中国語で「桃花心木(tao hua xin mu)」と言います
事前にこれを調べ当てて 淘宝網(タオバオ)で検索したったのです
中国ってサイドバックがマホガニーのギターはよく目にするけど
マホガニートップってなるとほとんどがウクレレだったりするんですよね
ギターのオールマホは全然見かけません




ブランド名は「AKS」 AKBじゃないよ
カラーリングは「カーキ」なんだってさ

上の写真の「合格証」を見ると
生産場所と生産日は余裕で空欄だし
検査人はQC100さんという人みたいだけど 重要な検査日は余裕で空欄だし
なにが合格証じゃい




でも驚くことに このような付属品
・チューナー
・カポ
・ストラップ(袋の中にピック2枚と六角レンチ!)
・1弦×1
・2弦×2
・弦セット×1
という うれしいスタートキット付!(弦はライトゲージのブロンズでした)

でも なんで1弦と2弦が単独で入ってるんだろう
初心者向けギターなのかもしれないね

弾いてみたら 音も思ったより悪くないし ボディフィット感も悪くないし
うん 大丈夫なようです
ただ、、、



驚愕の弦高でした この高さ 見てください
信じられないくらいの隙間 ありえんでしょう

こんな弦高で弾かなきゃなんないなら
誰でも簡単にギターを大嫌いになれる気がする
これはナシでしょーう、、、超いてぇ
よく見たらネックが若干順反りしていて サドルの調整もゼロでした

・・・というわけで この日の午後
ひたすらサドルを削っておりました
近くにヤスリ売ってないかなーと思って出掛けてみたけど
売ってなかった、、、 
だからカッターで削ってやった
ひさしぶりにサドル調整をしたなぁ
トラスロッドを回してネック調整もしました




少しは改善されたので 後日もう少し細かくサドルを調整する予定です

先に日本から送られてきた妻のウクレレと並べてみると
大きさ 少しは伝わるかな? (特に伝える必要はないか?)


というわけで
ようやくギターをゲットしました

僕にとっては精神安定剤のようなものなので ありがたい
1ヶ月弾かなかっただけで 左手の指先が完全に柔らかくなってしまった

仲良くできたらいいなー

あ そうそう
ちなみに値段は 400元(約6400円)でしたー




PR
Contact
お問い合わせ・出演依頼
koikejundes@gmail.com
まで
Official Site
こいけじゅんです。
ライブスケジュール
プロフィール
ディスコグラフィー
動画
がご覧いただけます。
ADMIN WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine忍者ブログ