忍者ブログ
こいけじゅんのブログです。
2013/12/16(Mon)


大学時代から大のガリガリ君好きです
それも決まってソーダ味

上海にも売ってますが120円くらいするので
買ってません、、

ガリガリ君は
埼玉県にある赤城乳業という会社の商品

コーンポタージュ味が爆発的にヒットしたのは昨年9月
まだまだ記憶に新しいですね

この赤城乳業を取り上げた本「言える化」
を読みました

意識して
社員がなんでも「言える」ように と
会社を変化させている社長さんはじめ幹部の皆さん

この会社のコーポレートスローガンは
「あそびましょ。」

良さそうな会社だなぁ と飛びつくのは簡単
そういうイメージ戦略の可能性もある

でも読んでみると
人間的な考えがしっかり散りばめられた
とても柔軟な会社であることがわかります
良い意味で「ゆるい」

「ゆるい」と聞くと ラクなのかなと
思ってしまうけど
エピソードの中には
「商品を間に合わせるために 血尿が出ました」
みたいな話も出てくる

いいところばかりではないわけです

それでも社内では「言える化」が実施されていて
コンポタ味なんかはまさにその象徴

確かに「言える」っていうことは
とても大事なことだと僕もここ最近強く思います

上海では毎日のように感じますが
中国人たちはちゃんと「言える」力がある
自分の意見や考えをしっかりときっぱりと

言えないのは 自分を含めた日本人たち

なぜなら多くの日本人は「みんなと一緒」
という考えの下 育まれてきているから

でもそういう「右へ倣(なら)え」の日本人を
簡単に「言えない人々」と括るのは
結構強引な気がする とずっと思ってきました



それでも「言える」ことは大事です

ほら!ちゃんと自己主張をしろ!とか言っているのではなく
「ねるねるねるね」みたいにいろんな味があって美味しい
みたいなことが実現できる環境が必要なんじゃないかと思うんです

誰だって急に変わることはできない

そういえば昔
ある組織でリーダーみたいなことをやったことがあります
そこでの自分のリーダーシップというのは
まさにこないだ死刑があったあの国みたいな感じで
今振り返るとなんともイタいものでした
それを知ったのは当時から2,3年経った時です

以来「人の上に立つ」っていう言葉が好きじゃないんですが
でも組織はそういう風に成り立っているので
見つめる必要はあるんですね

みんなの意見をグリグリと練って
1個の形にできるような人間になれたらなぁ

また今日から1週間が始まる




PR
Contact
お問い合わせ・出演依頼
koikejundes@gmail.com
まで
Official Site
こいけじゅんです。
ライブスケジュール
プロフィール
ディスコグラフィー
動画
がご覧いただけます。
ADMIN WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine忍者ブログ